小学校の教員のお客様から嬉しいご報告をいただきました!
掲載の許可をいただきましたので、ご紹介させていただきますね。 

彼女は都内で小学校の教員をしています。
彩-irodori-にお越しいただくようになり、そろそろ2年。

傾聴も学んでいただき、毎月ご自身のお話しを聴かせていただいているのですが、今回嬉しいご報告をいただきました!

 

学校のスクールカウンセラーさんに
「先生はどこかで、特別支援やカウンセリングについて勉強しているんですか?」
と質問されたそうです。

「いやぁ特には。傾聴を学んだんだけど、なかなか実践できなくて。
月に一回自分が話を聴いてもらって気づきがあるんですよー」
と答えたそうです。

そうしたら、カウンセラーさんが
「ああ、それでなんですね。きちんと話を聴いてもらっているから、保護者の話の聴き方が上手なんですね」

と言われたそうです。
彼女が保護者と話している電話を聞いていて、カウンセラーの方がそう思われたらしいのです。
「前から聴き上手だなぁと思ってたんで、余計だとは思いながら伝えました」
と言ってくれたと…


こうして先生のこと褒めてくださるカウンセラーさんがいらっしゃる学校というだけでも、なんだか温かい小学校だなぁと思うのですが、

なによりも、保護者の話をちゃんと聴いてくれる先生がいてくれる学校って、親にとってとても安心できる信頼できる小学校だと思うのです。

 

そして、こんな嬉しいことがありました!
と伝えてくれる彼女もとてもステキな方なんです。

お話を聴かせていただき感じるのは、子ども達にどんな楽しい授業をしようかと、まず子ども達を第一に考えていらっしゃるなぁということ。
そしていつもおっしゃることが、クラスの子ども達はいい子ばかりだと。
すごく子ども達を信頼していらっしゃるのが伝わります。
コロナで子ども達に会えない時も、子ども達とどうやったらコミュニケーションが取れるんだろうといつも考えていらっしゃり、校長先生に自ら交渉に行かれzoomで関わることが出来るようになったり。
いつも子ども達への愛を感じます。 

「リエさんに毎月話を聴いてもらい、気付いて、色んなことが整理できてることでも十分なのに、保護者への対応にもいい影響があったなんて、本当に嬉しいです。伝えてくれたカウンセラーさんに感謝感謝です♡」

とカウンセラーさんのおかげで、私まで幸せをいただきました!

傾聴の講座の中でもお話しすることがありますが、やっぱりちゃんと聴いてもらった経験がある人の方が、話を聴くのは上手です。

逆に、ちゃんと話を聴いてもらった経験がないと、人の話をちゃんと聴くことはできないのです。

保護者の話をちゃんと聴けるようになりたい学校の先生向けの傾聴研修も行わせていただきます。

お申込みはこちらからどうぞ。

あなたがあなたでいられますように。