最近お話をうかがっていて思うことが
「自分で気づくのが上手だなぁ」
ということです。

傾聴でお話を聴いている時は、うなずきあいづちくり返しなどを使いながら、相手の気持ちに寄り添いながら聴いていきます。

そんな中、自分の気持ちに誠実に質問をすることもあるんですよね。
その質問は、お話を聴いていて私が感じたことを訊いたり、感じたことをそのままお伝えしたりします。

「聴いていて、私はこう感じたけど…いかがですか?」

のような感じで。


うなずいたり
あいづちしたり
相手の言葉をそのままくり返したり
質問したり

この傾聴の技法を使いながら、受容共感一致しながら相手のお話を聴いていきます。

そうしたらですね…

本当にご自身で気づいていかれることがとても多いのです。

私の周りの方がたまたまそうなのかも知れませんが、本当に自分の気持ちがわかって来るんですよね。

本当にみなさん、気づくのがとてもお上手で。

「今話しててわかったー!」

この反応がたまらなく好き。

自分の行きたい方向は、やっぱり自分で決めるのが一番。
ああすれば?こうすれば?じゃなくて。

自分が行きたい方に行き、もし失敗してもそれはただ経験になるだけ。
それはその方の成長に繋がります。

相手をそのまま受け止める、そして気づいていかれる。
気づくのが上手な方が私と関わってくださる方には多いのです。
そして、自分の違和感にとても敏感な方が多い。
それを放置しないで早めに対処しようとする方。

「リエさん、ちょっと傾聴してもらえませんか?」
「リエさんに聴いてもらいたくって」

最近こんなお声をかけていただくことが多くて。

「お話を聴く」が仕事になるのか?と思っていましたが
「お話を聴く」で仕事ができるようになってきました。

きっとこの「自分で気づいた感覚」を味わってしまうと、また聴いてもらおうと思っていただけるんだろうな。

もちろん気づかない、気づきたくない方もいらっしゃるのでね。
必ず気づくわけではないのですが。

気づきたい自分も、まだ気づきたくない自分もそのままで。

 

あなたがあなたでいられますように。