お久しぶりの投稿な感じです。
なかなか更新できずにごめんなさい。 
いつもお越しいただきありがとうございます。

今日は秋分の日ですね。
スピリチュアルの世界では、今日あるワークをやったら良いというお話があり私のところにも届いて来たので、向き合ってみました。
 

スッキリとした気持ちと、シフトアップしたということで今日は一日中眠く、ウトウトしてばかり…そんな状態で過ごせる一日だったことにも感謝です。
今日やるはずのものが後回しになってしまいましたが、今日はそれでよいということですね。

 

ここのところ自分の心の声を聴くことが連発。 

まずは先日、傾聴の師匠から受けた傾聴のカウンセリングについて。

私が今傾聴を学ばせていただいている先生は、ありがたいことに二人いてくださいます。

そのおひとりが平井智子先生。月に二度傾聴を深めるための学びをさせていただいています。
初めに傾聴を学ばせていただいたJKDA日本傾聴能力協会の代表の岩松正史先生の師匠でもあります。 

今回は久しぶりに個人カウンセリングをお願いしました。
学びのためにも個人カウンセリングを実際に受けることは、とても勉強になることです。 

 

相談の内容については詳しくはお伝えできませんが、私にも悩みがありました。
それがですね…本当にちゃんと聴いて寄り添ってもらえると、自分の思いを明確にしていくことができるんですよね。
この心地よさはわかっているはずなのに、久しぶりにちゃんと寄り添ってもらえた感覚が…

その中で言っていただいた言葉。
「みんなと同じになる必要はないんですよ」

冷静に考えると、そんなことは普段ならわかっていることです。

なのに

「私だけがそう思えないこと」 
「私はみんなと考えが違う」

 


そこが気になっている自分がいたんですね。
みんなと同じになんかなるわけないのにね。
ここでも 

「私が私でいること、あなたがあなたでいること」 


をお伝えしているのにね。 

こうしてついつい戻ってしまいそうになったり
わかっているのにできないことがあったり
 

そんなのも私なんだなぁと思いながら、平井先生のカウンセリングが終わりました。 

私は私で、私が伝えたいことを伝えていこうと改めて決意しました。 

つたないけれど

きっと「愛」だけは伝えることができる! 

 

  

あなたが伝えたいことはなんですか?

あなたがあなたでいられますように。