新しい年になりあっという間に20日。
みなさまいかがお過ごしでしょうか? 

気が付けばしばらく更新していない…
病気でもして寝込んでいるのでは?と言われたりもしましたが、いたって元気にやってます。 

傾聴1日講座、聴き方のトリセツ講座、個人セッションなどとありがたく仕事も続き、今年のひとつの目標である「人との交流」も。 

 

私こう見えて、新しい環境に入っていくのはドキドキで。 

 

だけど、今年は私が見させていただいている数秘&カラーでいうと私自身「2のオレンジ」の年。
「2のオレンジ」というのには、意味として「協調・調和・協力・サポート・友好的・分かち合い」などの意味があるんですよね。 

だから、「人との交流」を今年の目標のひとつにしました。
新しい人との出会い、今までの人との関わり、どちらにも積極的に参加していこうという思いが出てきました。 

自分から誘うことはいつもあまりしないのですが、今年は誘ってみよう。
人から声をかけられた時は、出来る限り参加しよう。 

そう思っています。 

早速、とてもステキな出会いもいただき、癒されることもあり、今年の目標にしたことが私の中でコレコレ!と思えるように感じたこともいくつかありました。 

その中のひとつでお誘いいただき、東久留米の「なごみ家佳辰(かしん)」さんで行われた、シンガーソングライターのhactoさん安室岬さんの生ライブを聴きに行ってきました。

以前から「ステキな歌声だから、ぜひ来てください!」と何度かお誘いいただいていたのに、タイミングが合わずで。
やっとこのタイミングでうかがえました。  

佳辰さんにも初めてうかがいましたが、お料理は絶品だし、なんといっても日本酒に対するご主人の熱い思いが伝わりました。
ご夫婦でお店をされているのですが、奥様はとても温かいカラーセラピストさん。
お客様も初めてひとりでお邪魔した私にもとても優しく、アットホームな雰囲気が心に響きました。

ライブは安室岬さんのライブから始まりました。
沖縄出身の安室さんは、なんだかほっこり。
日常の一部を「切り取り」歌にしていらっしゃいます。
フォークをずっとやって来られたということで、昔よく聴いた神田川も。

hactoさんの声は1/fゆらぎボイスと言われている、人を癒すことのできる歌声。
福島の相馬市に毎月通われていて、被災者の方々からも熱い支持をいただいていらっしゃるそうです。 

歌声に感動!
優しさと力強さと。
歌詞の魅力。
感覚的なもの。 

 

最近こういう感覚から離れていたなぁと思う、私の中から出てくるもの。
なにって言葉で言えないような、心が喜ぶ感覚。
それが歌声やギターの音や振る舞いから。

「翼」という曲の中に出てくる歌詞が、私と同じことを思っていらっしゃるんだなと。

「好きなものは好き、イヤなものはイヤ、大人になるということはあきらめて生きることじゃない」  

 

本当にそう思います。  

 

あなたがあなたでいることが大切だから。
好きなものは好きって言っていい。
イヤなものはイヤって言っていい。

それがあなたがあなたでいること。

 

私は感情が気持ちが大切な人間になっています。  

傾聴は人の気持ちを聴く技術。 

人の気持ちをないがしろにしていては、人のお話は聴けません。
そして、人の話をちゃんと聴いてあげたいのなら、まずは自分の心の声の傾聴から。
自分にできることが、他人にできることです。 

 

好きなものは好き
イヤなものはイヤ
大人になるということはあきらめて生きることじゃない

 

あなたがあなたでいられますように。