昔、野菜やお花の種の加工をする会社で、発芽試験をする仕事をしていた経験があります。

種苗会社さんから預かった種を、播種しやすい形に加工をしたり

種の発芽率を良くするための加工をしたりする会社です。 

 

その会社の中で、加工をする前の種と、加工後の種の発芽試験をする部署で仕事をしていました。 

 

発芽試験をするためには、まず種を播きます。

試験なので、土に播いたり、試験用のペーパーに播いたり。

種によって播種方法も違います。

土に播く時にはお水の量が違ったり、播種後のプラントを置く場所も温度が違っていたり。 

様々な状況下で試験をするんですね。 

播種をしてから、何日目にどのくらい発芽しているか、どのくらいきれいに成長しているか

などをチェックしたりしていました。     

 

 

植物を見ていると同じ条件下であっても、

しっかりと強く育っているもの

発芽に時間がかかるもの

発芽できないものなど

本当に個性豊か。  


今の仕事をするようになり、種を播くことの大切さを実感しています。

そして成長の違いも。
 

同じ条件下にいたとしても、成長のスピードは様々。

すぐに芽が出るもの、そうでないもの。

しっかり上を見てグングン伸びていくもの。

曲がって違う方向にいくもの。  

いろんな個性があっていい。

いろんな個性があるからこそおもしろい。 

                       

まずは種を播くところから始めてみませんか?

 

あなたはどんな風に発芽するのでしょう。

あなたはどんな風に成長するのでしょう。  

        

あなたがあなたでいられますように。