傾聴を学んでいると、どこまでも自分に誠実でいることが大切なんだなぁと感じます。


傾聴と誠実がなんで結びつくかわからないかもしれません。

傾聴40年の大師匠によく言われる言葉がこれ「自分に誠実でいること」なのです。 


傾聴で人の話を聴いていく時には、「一致」の感覚とても大切にしていきます。

日常使う「一致」という言葉とは少し違ってきますが、傾聴の「一致」は人の話を聴きながら、自分はどう思っているか、どう感じているかというところに意識を向けて「自己一致」しながら相手の話を聴いていきます。

聴いていく中で、一致の感覚をもちつつ、相手に寄りそい共感しながら聴いていきます。
(共感も、日常使う共感とは違うのです。これも一致についても傾聴1日講座」でお伝えしています。)

自分の感じていることを自分に誠実に、相手に質問することもあります。
そして自分の気持ちに誠実に、相手とやり取りをしていきます。

相手に寄りそい、ちゃんとお話を聴きたいのであれば
まずは自分の心の声の傾聴から初めてみませんか?

自分に誠実にいることができると、相手にも誠実でいられます。

自分に厳しい人が、他人に厳しくなる
自分に優しい人が、他人にも優しくなれる

自分と自分との関係性が、他人との関係性に現れるということなんですよね。

あなたは自分との関係性が良いですか?

あなたがあなたでいられますように。