私が開講している傾聴講座のひとつに、約2時間で傾聴の大枠をお伝えする

「寄り添う聴き方講座」があります。

 

今回のお客様は「話を聴くことで人の役に立てると知り、傾聴を学びたいと思った」とご受講くださいました。

まだまだお若い20代の女性。

20代で傾聴だなんて…私は全く考えていませんでしたね。

頭が下がります。

 

講座の中で、現在の自分の傾聴力を知る「傾聴力チェック」の時間があります。

その中での問いに、これがなぜ傾聴に繋がるのかがわかりにくい…

というものがあるので、チェック後その質問に答えていきます。

 

その時からでしょうか…

すでにご自身と向き合う時間になっていきました。

 

いただいた感想の中に

「私、こう考える人なんだ」

「本当はこういうことを思ってたんだ」

と気付く部分が多くあり、自分を理解していないところが沢山あると感じました。

とありました。

 

そうなんです。

この寄り添う聴き方講座、結構がっつり自分と向き合う時間になる場合が多いです。

(特にマンツーマンの場合は、話しやすい環境になるんですね)

 

人の話しを傾聴したいなら、まずは自分の心の傾聴から。

ということも講座の中でお伝えしています。

自分にできることが、他人にもできることですからね。

 

相手を理解するには、まず自分を理解することが大切であると学びました。

という感想もいただき、しっかり伝わっているなと嬉しくなりました。

 

自分がどう思っているか、どう感じているかがわかりにくい時には

個人セッションでお話を聴かせてくださいね。

 

自分を理解するための、お手伝いをさせていただきます。

あなたがあなたでいるためのお手伝いです。

 

 

今日もあなたがあなたでいられますように。